スポンサーリンク

「逆転裁判/逆転検事」のゲーム音楽。そのエモさと爽快さの魅力。

先日、ミニファミコンが販売された事が話題になった。

そこで、安易ではあるがゲーム音楽を紹介しようと思う。

一般的に、ゲーム音楽は基本的にゲームをしている時にしか聴く機会がないと思う。
それとは逆に、ゲーム音楽以外の音楽。
例えば流行の音楽などはテレビやラジオ、ウォークマンなどで聴く機会は多い。

しかしどうだろう?
例えばゲーム開始からゲームクリアまで、1つの場面でしか流れなかったゲーム音楽があるとする。
その音楽をどこかで聴いた時、メロディはもちろんそのゲームのその音楽が流れた場面が鮮明に思い浮かぶのではないだろうか?

では、流行の音楽をテレビやCDなどで1回聴いたとする。
その後その音楽をどこかで聴いた時は、メロディは思い浮かぶが初めて聴いた時の場面はなかなか思い浮かばないのではないだろうか。
(もちろん青春時代の音楽や思い出の音楽など、自分にとって思い入れがある音楽は別だ)

それは何故か?

個人的な考えだが、ゲーム音楽は音楽以外にもその音楽が流れた場面やストーリー、キャラクターなど音楽以外の情報量が多く印象に残りやすい為だ。
また、自分でゲームをプレイし、そのゲームのシーンに合わせた曲が流れるのでより感情移入しやすいというのも1つの理由だと思う。

もちろん通常流れている音楽が劣っているという事ではない。

今回はそんな印象に残り、ゲームの世界観を作る要素の1つであるゲーム音楽をご紹介する。
紹介するゲーム音楽は私の好きなゲームの1つである「逆転裁判」だ。

少し前にアニメで放送されていた事もあるので、知っている方も多いかもしれない。

このゲームは、弁護士になり事件の証拠を集めて法廷で証言の矛盾を突きつけ真犯人を探し出すゲームだ。
ちなみにスピンオフにあたる「逆転検事」もある。こちらは名前の通り検事となって物語を進めていくゲームだ。
名前だけ聞くと堅苦しいイメージだが、ゲームはかなり面白い。

と、あくまで「ゲーム音楽」を紹介するのでゲームの紹介はこのあたりで終わりにする。
では、肝心の音楽の紹介に移ろう。

「逆転裁判」の代名詞といえる音楽が、「尋問」「追求」とタイトルのつけられた2曲だ。
どちらの曲も法廷の山場となる時に流れ、非常に爽快感のある音楽だ。

ちなみに「逆転検事」では「対決」「追究」とタイトルが変わっているが曲が流れる場面は先述した2曲と同じだ。

では実際に聴いていただこう。

尋問 ~モデラート 2001
杉森 雅和
2005/11/30 ¥150

こちらの2曲は証拠品で証言の矛盾を突きつける場面で流れる「尋問」だ。
通常時は「尋問~モデラート」が流れるが進行具合により「尋問~アレグロ」が流れる。
名前の通り曲のテンポが違うのだが、基本的にメロディと進行は同じでアレンジが異なっており、アレグロの方が若干キーが高く物語をより爽快感を高めている。

追求 ~追いつめられて
杉森 雅和
2005/11/30 ¥150

こちらの曲は「追求」
真犯人を追い詰める、いわば最大の山場で流れる曲の為、かなりの爽快感だ。

ちなみに上で紹介した曲が収められているCDがこちら。

そして「逆転検事」の音楽も紹介しよう。

対決 ~モデラート 2009
岩垂徳行
2009/06/24 ¥150

対決 ~モデラート 2011
岩垂徳行
2011/02/28 ¥150

対決 ~アレグロ 2009
岩垂徳行
2009/06/24 ¥150

対決 ~アレグロ 2011
岩垂徳行
2011/02/28 ¥150

対決 ~プレスト 2009
岩垂徳行
2009/06/24 ¥150

対決 ~プレスト 2011
岩垂徳行
2011/02/28 ¥150

こちらの曲は「対決」というタイトルの曲だ。
「尋問」と同じく矛盾を突きつける場面で流れる。
尚、「モデラート」「アレグロ」に続き「プレスト」が追加されており同じようにアレンジなどが異なっている。

追究 ~つきつめたくて
岩垂徳行
2009/06/24 ¥150

追究 ~つきとめたくて
岩垂徳行
2011/02/28 ¥150

そしてこの曲が「追究」というタイトルの曲だ。
「追求」と同じく最大の山場で流れ、こちらも非常に爽快感がありテンションが上がる曲だ。

余談ではあるが「追求」「追究」
漢字が違うのは互いのストーリーの軸となるテーマが違う為だ。

紹介した曲を含む曲が以下のCDに収録されている。

通常はゲームをしている時にしか聴くことがないと思うが、改めて聴いてみると思いの外クオリティが高い音楽が多いので
そのゲームが好きな方はもちろん、楽器を演奏している方にもおすすめの音楽だ。

というのも理由は単純。
ゲーム音楽を演奏すると意外とウケがいいのである(笑)

最後になるが今回紹介したゲーム音楽。
ゲームの世界観を作り上げている大事な要素の1つであるが、まだまだ魅力を伝えきれていないと思うので
これからも機会があればゲーム音楽を紹介していこうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク