スポンサーリンク

聴覚と視覚で魅せるバンド「Mutemath」その最強の表現力

突然だが、ここに一組のバンドがいるとする。

このバンドが一人のファンを獲得するにはどうすればいいだろうか。

まずは音楽だ。
これは誰でも思いつくというより当然の事だ。
音楽が聴く人の好みであればファンになるだろう。

では、その音楽が聴く人の好みでなかったら?
恐らくその人は、もうそのバンドの音楽を聴こうとしないだろう。

「ライブに来てくれさえすれば本当の魅力がわかる」
例えそのバンドがそう思っていたとしても、本当に魅力がわかる演奏をしていたとしても
その人はライブに行く事はないだろう。

それは、ライブに行くには時間とお金がかかるからだ。
興味のない音楽に時間とお金を割く人は恐らくいないだろう。

では、音楽で興味を持ってもらえなかったら終わりなのだろうか。

それはあまりにも前時代的な考えだ。
現代は様々なメディアや、ネットがある。

つまり音楽を聴くだけでなく視覚的にも興味を持ってもらうのだ。

そのきっかけとなるのがMV(ミュージックビデオ)である。
聴覚と同時に視覚に訴えかけるのには最適だ。
余談だがPV(プロモーションビデオ)とは厳密にいうと違うらしい。
が、殆ど同じような物と思っても構わない。

このMV。
凝っている物、ストーリー仕立ての物など
非常に多岐に渡る。

今でいえば星野源の「恋」だ。
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のEDの「恋ダンス」である。

この楽曲はドラマの放送前の1週間ほど前に発売されたのだが
ドラマのEDでの映像が話題になり爆発的に売れた楽曲だ。
これもMVの効果的な活用例といえる。

ちなみに僕もこのドラマを見ているが、ガッキーが最高に可愛すぎるドラマだ。

話が脱線してしまったが、これもプロモーションであり
バンドに興味を持ってもらうきっかけの一つだ。

曲だけを聴いて興味を持つ。
曲を聴きながら映像を見て興味を持つ。

どちらがより興味を持つ確率が高いか。
単純な話である。

今回はこのMVを非常に上手く利用しているバンドを紹介する。

そのバンドの名はMutemath(ミュートマス)

mutemath-600x300

まずはそのMVをご覧いただこう。

これは「Typical」という曲のMVだ。
お気づきかと思うが逆再生をしているのである。
だが、逆再生のMVなんてよくある手法だ。

しかし、このMV。
逆再生なのに不自然さがなく自然なのだ。

MVに限らず、映像を逆再生をすると不自然になるものである。
が、このMVは一見普通に見える程、自然なのだ。

そういう風に作っているからと言えばそうなのだが
結果、このMVはグラミー賞のビデオ部門にノミネートされているのだ。
最高の宣伝である。

これこそMVを非常に上手く利用したと言えよう。

もちろん、このバンドは逆再生だけでなくMV自体がなかなかユニークなのだ。
今回はもう一つそのユニークなMVを紹介しよう。

この曲は「Spotlight」
MVは車内で演奏している光景が続く。
決してかっこよくはないが何故だか癖になるMVだ。

が、このバンドは「MVで話題性があるだけ」というバンドではない。
独特の浮遊感がある曲を、演奏技術の高さに裏付けされた強力なリズムで高揚感を生み出すバンドだ。

早速だがその数々の曲を紹介しよう。

こちらがインディーズアルバムの「Reset」
インディーズとはいえ完成度の高い曲ばかりである。

ちなみに、僕のおすすめは

1.Control
4.Reset
5.Plan B

どれも独特な浮遊感のある曲で、良い意味で異彩を放っている。

こちらがメジャー1stアルバムの「Mutemath」

僕のおすすめは

2.Typical
4.Chaos

独特な浮遊感はそのままに、よりロック色が強くなっており何より格段に音が良くなっている。

ちなみに、
6.Plan B
11.Control
14.Reset

の3曲は先ほど紹介したインディーズアルバムから、リレコーディング(※再レコーディング)した曲なので
聴き比べるのも面白いと思う。
それぞれ楽器の音の輪郭がハッキリしているところがポイントだ。

こちらが2ndアルバムの「Armistice」

僕のおすすめは

1.The Nerve
4.Spotlight
9.Electrify
10.Armistice

ちなみに10曲目のArmistice
この曲は冒頭で紹介したMVの曲だが、この曲は「トワイライト~初恋」という映画に提供された曲である。

こちらが3rdアルバムの「Odd Soul」

僕のおすすめは

2.Prytania
10.One More
11.Equals

今までのアルバムに比べ良くも悪くも癖が浮遊感は薄くなったが
演奏力のレベルアップが感じられるアルバムだ。

そしてこちらが新作となる4thアルバムの「Vitals」

僕のおすすめは

1.Joy Rides
3.Monument
9.Best of intensions

今までと違いエレクトリック色が強くなっている。
Mutemathの浮遊感とエレクトリックな音色が絶妙に作用しているアルバムだ。

Mutemathの様々なアルバムを紹介してきたが
独特な浮遊感と強力なリズム、そして高揚感を感じていただけると幸いだ。

彼らに限らずMVを効果的に利用するバンドは非常に多い。
これは音楽単品だけでは興味を持たれにくくなった、という事の裏返しだが
今まで音楽に興味が無かった人に新たに興味を持ってもらうきっかけになるのかもしれない。

彼らは今回紹介したMV以外にもかなりユニークなMVが多い。
音楽はもちろんだが、映像として興味がある方にも是非聴いてもらいたいバンドだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク