スポンサーリンク

ギターやベースの落下防止に。絶対におすすめするストラップロック「STRAP RUBBER」

どうも、ハマです。

あけましておめでとうございます。
いよいよ2017年になり、あと半年ちょっと経つと僕も30歳になるわけです。

今年もこのブログを更新していきますので、何卒よろしくお願い致します。

さて、今回は前回のストラップの記事の続きというわけではないですが関連した事柄で
ストラップロックについてです。

簡単にいうと楽器とストラップを固定するためのものです。
もちろん固定しなくても構わないが、それだとストラップが楽器から外れる恐れがある。
なので、個人的にはストラップロックは必ず付けるのをおすすめします。

ですが、このストラップロック
割と色々な物があり、使い勝手も様々です。

そこで個人的におすすめするストラップロックをご紹介します。

ストラップロックの種類

基本的にストラップロックの種類は

・金属製
・プラスチック製
・ゴム製

この3種類に分類されます。

それで、この中で僕のおすすめはゴム製のストラップロック

もちろん他の2種類をおすすめしないという訳ではありませんが
僕がこのゴム製のストラップロックを現在進行形で使用しており、おすすめしたいと思ったから。

おすすめする理由

このゴム製のストラップをおすすめする主な理由は

・取り付けが簡単
・安い
・色やデザインが豊富

という事。

取り付けが簡単

これが僕がゴム製のストラップロックをおすすめする最大の理由。
取り付け方はストラップピンに引っ掛けたストラップを挟むように、これを上から被せる。

こいつを、
%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-04-19-39-52

ここに、
%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-04-19-38-16

こうする。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-04-19-37-21

それだけ。
楽器とストラップを固定するという目的としてすごく理に適っている。

単純すぎて心配になるが
このストラップロックに替えてから5年以上ライブをしてきましたが、一度も外れた事はないので安心して使ってもらえると思います。

また、取り付けが簡単だからこその利点もある。

例えばストラップを交換したくなった時。
挟むように被せるだけだから、別のストラップにもすぐに取り付ける事ができる。

逆にストラップロックを交換したくなった時。
色やデザインが豊富だから気分に合わせて選ぶことができる。

安い

これはもうそのまんまの意味。
もちろん安いからといって壊れやすいという事はないし、むしろ構造がシンプルだからこそ壊れにくい。

経年劣化が心配な場合は定期的に新しいものに交換してもいいぐらいの安さです。

色やデザインが豊富

重複するが、色やデザインが豊富だから気分に合わせて選ぶことができる。
そして、安いからこそ違う色やデザインを試しやすい。

まとめ

利点ばかり挙げたが、正直なところ欠点らしい欠点はないと思います。

敢えて言うと

・見た目がシンプル
・構造上、ストラップピンよりゴム穴が小さいので取り付けに若干力がいる。

という事ぐらい。

しかし、見た目は好みの問題もあるし
取り付けに力がいるのは逆にいえば外れにくいとも言える。

ただ、安いという利点があるので、試しに買ってみても後悔はしないと事をお約束します。

ちなみに僕が使用しているこのストラップロックですが5年ほど前に購入しましたが未だに現役で活躍中です。
色も褪せてきてしまい気分的には買い換えたいのですが、色褪せにこそ味があるという考えで未だに買い換えていません(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク