スポンサーリンク

元ベーシストが選ぶ!大切な楽器を守る為のおすすめのケース【ソフトケース編】

どうも、ハマです。

ギターやベースを収納し持ち運ぶ為に必要になるであろうケース。

「大切な楽器を守る!目的別の最適なケースの選び方と、その特徴」でケースの選び方と特徴を紹介しましたが
今回は、僕が種類ごとにおすすめするケースを紹介します。

今回はソフトケース編だ。

関連記事:元ベーシストが選ぶ!大切な楽器を守る為のおすすめのケース【ギグバッグ編】
関連記事:元ベーシストが選ぶ!大切な楽器を守る為のおすすめのケース【セミハードケース編】
関連記事:元ベーシストが選ぶ!大切な楽器を守る為のおすすめのケース【ハードケース編】

ソフトケースとは

ソフトケースとは数あるケースの種類の中で一番安く、そして一番軽い種類だ。
ただ、その代わりペラペラのナイロン製の生地なので雨や衝撃などには非常に弱い。

また、持ち運び用ではなく家での保管用として、ホコリ避けとして最適なケースである。

ここまでは前回の記事で解説した通りだ。

では、それを踏まえた上で僕がおすすめするソフトケースを紹介しよう。

おすすめのソフトケース

おすすめのソフトケースと書いたが、恐らく楽器を買った時にソフトケースが付いてきていると思う。
なので基本的にはそれを使って構わない。

だが、前回の記事で解説した通りソフトケースは破れやすい。
家で保管する為だけに使っていたとしても破れることはあると思う。

しかし新しく買い換えるにしても家での保管用にそこまで高い金額は出せない。
そんな時におすすめなのがこのソフトケースだ。

「KC CB-EV」

クッションもなにもない布だ。
もちろん生地もとんでもなくペラペラだ。

しかし、だからこそ非常に安い。
恐らく数あるソフトケースの中で最も安いであろう。
そして安いからこそ保管用として最適なのだ。

金額
用途

どちらの面から見ても、ソフトケースとしての役割を充分に果たしてくれるケースだ。

ちなみに、楽器を収納する以外のポケットがあるのでシールドなども収納できる。
それを考えれば金額以上のケースかもしれない。

また、ベース以外にもエレキギター用、アコースティックギター用などがあるので
他の楽器の保管用としてもおすすめだ。

まとめ

今回紹介したソフトケース以外にもあるにはあるが非常に数が少ない。
ただ、金額的にも安めのギグバックと大して変わらなくなるのでそこまで出すならギグバックを買ったほうがいいレベルだ。

ただ、家での保管用として割り切るのなら
こういったソフトケースは必要充分なスペックであり、コスト的にも非常にリーズナブルに抑えられるので
僕としてはおすすめできるケースだと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク