スポンサーリンク

元ベーシストが選ぶ!大切な楽器を守る為におすすめするケース【セミハードケース編】

どうも、ハマです。

ギターやベースを収納し持ち運ぶ為に必要になるであろうケース。

「大切な楽器を守る!目的別の最適なケースの選び方と、その特徴」でケースの選び方と特徴を紹介しましたが
今回は、僕が種類ごとにおすすめするケースを紹介します。

今回はセミハードケース編だ。

関連記事:元ベーシストが選ぶ!大切な楽器を守る為におすすめするケース【ソフトケース編】
関連記事:元ベーシストが選ぶ!大切な楽器を守る為におすすめするケース【ギグバッグ編】
関連記事:元ベーシストが選ぶ!大切な楽器を守る為におすすめするケース【ハードケース編】

セミハードケースとは

セミハードケースはギグバッグと同じく定義が曖昧だ。
ギグバッグ編で紹介したようなケースを「セミハードケース」と呼ぶ場合もある。

が、ここでは「大切な楽器を守る!目的別の最適なケースの選び方と、その特徴」の記事を前提とさせていただこうと思う。

つまり

ハードケースより持ち運びがしやすく、ギグバッグより耐久性に優れている」という特徴だ。

おすすめのセミハードケース

おすすめのセミハードケースと書いたものの、正直なところ
セミハードケースはソフトケースと同じく種類が少ない。

だが、セミハードケースにはソフトケースには無い利点がある。

それは「ケースの形状」だ。

ソフトケースやギグバッグは楽器の形に合わせてあり、極端に言えば某ドラクエのスライムみたいな形だ。
一方、セミハードケースは楽器の形に関係なくどれも長方形だ。

その形の違いは直接楽器の保護に繋がるのである。

例えばケース自体が何かの拍子に転倒した場合、ソフトケースやギグバッグだと楽器が破損する可能性がある。
その点、長方形であるセミハードケースが転倒した場合、よっぽどの事が無い限り楽器が破損する事はない。

これは車などに載せて運搬する時には非常に大きな利点だ。

また、地味なところであるが
形状が長方形なのでケースをいくつか車に載せる場合に、スペースの無駄がなく載せやすいというのもポイントだ。

そんな点を踏まえ数少ないセミハードケースを紹介する。

軽さと頑丈さの両立!SKB SC-44

このケースの特徴は「軽さ」と「頑丈さ

いわばギグバッグとハードケースの良いとこどりといったケースだ。
といっても器用貧乏という事ではない。

もちろん、頑丈さはハードケースには一歩譲るが、重さはギグバッグと大体同じぐらいの軽さなのだ。
また、リュックタイプにもなっているのでギグバッグと同じように背負う事もできる。

ギグバッグよりも頑丈さがほしいけど、持ち運びもしやすい軽さがいい。
そんな欲張りな方におすすめしたいケースだ。

まとめ

今回紹介したセミハードケース
他にも種類はあるが、正直なところここで紹介したケースと大して変わらないので
ここではあえてこのケースだけを紹介させていただいた。

もちろん、僕が知っている以外に更に良いケースもあるかもしれないが
ケース選びの参考にしてもらえれば幸いだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク